身体と病気とレーシック

身体と病気とレーシック

歯科でインプラントを考えてるとして やはり費用がネックになってくる。

普及したため、安くなっているとはいえ まだまだ高嶺の花。

かつて津市 歯科で歯列矯正に100万円と聞いて腰を抜かしたが インプラントは4本200万円とか平気できます。

とはいえ 歯科の歯列矯正が幼い子供を持ったまだ安月給の親、あるいは 成人してもいろいろ欲しいものがある時期、子供の教育費などがかかる時期のものに比べ インプラントは退職金を支給されたりあるいはもう 子育て卒業後の話なので どーんと出せる人は出せる。

でも もう見た目を気にする年齢ではないし、これから年金生活も見えてくる、あるいは年金生活中の人にはやはり 高値の花であることに違いない。

妻が夫の退職金を使って インプラントを作ったらやはり怒る(かもしれない)。

だから 妻がいつかインプラントをやりたいと野望?をもったなら 「インプラント貯金」をしておこう。

それ専用に通帳を作って表紙にはマジックで「インプラント貯金」と書いておくのだ。

チリも積もればなので、こつこつ500円づつでも貯めていきたい。

40歳から1ケ月1万円貯めると 60歳で240万円に。

これなら十分インプラントが入れられる(はず)

歯科で大事な、骨粗しょう症とインプラント。

一見関係ないけど 関係があります。

骨粗しょう症とは、カルシウム不足などで骨の中がスカスカになること。

骨粗しょう症と聞くと背骨のことが浮かびます。

でも、インプラントを支えるのは骨。

新潟市 歯医者でも骨の強度が必要です。

閉経後の女性は特に注意です。

女性ホルモンががんばって骨を守ってくれているんですね。

大豆製品をとったり、小魚なんかを食べるといいみたい。

私のように 出っ歯スキッ歯で長年なやんできたものにとっては いつか歯が抜け、歯科でインプラントにしたら 一気に美人になるんじゃないかと思ったりするけどどうなんでしょうか。

まあそのころには 歯並びよりも大変な問題がいくつも出てきて とてもそんな風にはならないのでしょうねえ。

かつての紅顔の美少年、クラスのマドンナほど急速に劣化していきますよね。

逆に歳を重ねるごとにどんどん美しくなるような人もいます。(シルク姉さん?)

私は半沢よろしく「50(歳)で倍返しだ!」と思っています。

歯並びのコンプレックスは強烈です。

 

私の周囲を見ていると、裕福なお宅でも歯並びの良い

ご両親のお子さんほど、歯科で歯列矯正をしていないで、歯並びが悪かったりします。

 

逆にうちもそうですが、貧乏ブルーカラー家庭でも、

特に母親が自分の歯並びを気にして生きてきた人はわが子にはなんとしても

歯科で歯列矯正をさせたいと無理しがちです。

 

顔の中で歯並びが占めるウエイトはとても大きいです。

 

小学校3年生くらいまでは、ブスも美人も「かわいらしい」顔様です。

 

しかし、歯が生え変わっていくにつれ

美醜にははっきりとラインができてきます。

 

赤ちゃん〜幼児は美しいシンメトリーな顔だから

誰が見ても「かわいい」のです。

 

「ぶさいく」芸人の代表」、ホンコンさんの顔など見ているとやはり左右差が大きいですよね。

 

「美しい」とされる女優さんなどは左右差の少ない顔をしています。

 

左右さについては、親からの遺伝というより

食生活、姿勢などの影響が大きいものです。

 

ブスなお母さん、お父さんはせめて

熊本市 歯科で歯列を整えてあげることで最悪の事態はまぬかれるのではないでしょうか。

夫が奥歯が痛いと言い出した。

どうやら、3年前に取った、親知らずの根っこが残っており、そいつが虫歯になったようだ。

早速近所で評判のN歯科に予約の電話を入れた。

私「予約したいんですが」

N歯科「3週間先まで取れません」

私「そこをなんとか・・」

痛くて痛くてたまらい、なんとかしてやって欲しいというと 翌日に予約を入れてくれました。

N歯科、ありがとう。

歯医者なんてどこも同じだとのたまっていた夫ではあるが、札幌市中央区 歯科の手際の良さに感心して帰ってきた。

曰く、麻酔もうまいし、っていうか麻酔ほとんど使わないし、うまいわーって。

そうでしょ?歯医者はどこも一緒ではないのだ。

ポイントはやっぱり口コミ。

地域の奥様ネットワークに聞くのが一番です。

ついでに 歯石落しやらメンテナンスにしばらく通うみたいだけど、今月の夫、病院通いがすごいことになっている。

月曜日は持病の大腸を見てもらいにO病院へ。

火曜日はN歯科。

水曜日は目が充血し、眼科へ。

木曜日はなぞのおできが出来て、熱をもって痛いというので皮膚科にGO。

レーシックは非常に安全性の高い視力矯正法のひとつとされています。

 

ですが、前項目までの条件をクリアして、無事にレーシックの手術を受けた場合でも、目に後遺症や合併症が出てくる場合があります。

 

人により、症状はさまざまですが、後遺症の代表的なものとしては、ドライアイや充血、、異物感、涙目、矯正視力の低下、過矯正や遠視ぎみになる、低矯正や近視が残る、などが起こる場合があります。

 

合併症としては、ハロ・グレア現象やドライアイ、感染症、近視への戻り、角膜上皮迷入、層間角膜炎、などがあります。

 

ハロ・グレア現象のように、一度出てきても時間の経過とともに症状が解消されるものもあれば、角膜上皮迷入のように再手術を必要とするものもあります。

 

後遺症や合併症は、病院での手術だけでなく、術後の自宅でのケアも関わってくるものです。

 

手術を受けた後には、目の清潔には十分に注意するようにしましょう。

目や身体に病気がなくても、レーシックの手術が受けられない場合というのもあります。

 

*20歳未満の場合(医院により18歳としている医院もあります)

 

身体が成長期にある場合、手術後に視力低下が進行してしまう可能性が高いため、成長期が止まってから手術を行います。

 

*運転手や格闘家、パイロットなど、職務に支障をきたす恐れがある場合

 

レーシックは、角膜の強度が低下してしまいます。また、ハロ・グレア現象などが起こってしまう可能性もあり、これらの症状が業務に支障を来す場合にはレーシックを受けることが出来ません。

 

*老眼の快復が目的の場合

 

老眼は老化現象によって起こる視力低下の為、レーシックでは老眼を快復させることは出来ません。

レーシックの手術は目に施すものですが、目以外でも身体に大きな病気がある場合には手術を受けられないことがあります。

 

*全身性血管炎、糖尿病、膠原病、重症アトピーなど、全身の病気がある場合

 

全身の病気がある場合には、手術後の経過に大きな影響を与える危険性が高いため、手術を行うことが出来ません。

 

ご自分の身体に気になる症状や病気がある場合には、検査や問診の段階で必ず医師に伝えるようにしましょう。

目の病気とは別で、角膜の状態によっても手術を受けられない場合があります。

 

*角膜が極度に薄い場合

 

レーシックは角膜を切除することで視力矯正を行う為、切除出来るだけの角膜が無いような極度に薄い場合には、手術を行うことが出来ません。

 

*角膜に疾患や異常がある場合

 

角膜に疾患や異常がある場合には、手術によって悪化させてしまう危険性や、感染症になってしまう危険性が高いため手術を行うことが出来ません。

 

また、強度近視の方(近視度数−14D、乱視度数−6.0Dより強い)は、切除する角膜の厚さが許容量を超えてしまう程の矯正が必要な場合には、レーシックのみでの視力矯正は出来ません。

目に重い病気や症状がある場合には、レーシックの手術を受けられないことがあります。

 

*円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの場合

 

円錐角膜やアレルギー性結膜炎などのように、角膜に異常がある場合、角膜を治療するレーシックを受けることは出来ません。また、レーシックによってドライアイになる可能性が高い為、ドライアイを悪化させることになってしまいます。

 

*白内障・緑内障・網膜はく離など、眼の病気がある場合

 

角膜に疾患や異常がある場合には、手術によって悪化させてしまう危険性や、感染症になってしまう危険性が高いため手術を行うことが出来ません。

 

花粉症の場合にも、術後に目をこする危険性の高いため手術を受けることができませんが、症状が落ち着いてから再度検査を受ければ、OKが出る可能性があります。

最新ニュース

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • 脱毛ラボ
  • 銀座スキンクリニック
  • 美容皮膚科

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 目の病気の話 角膜の状態の話 身体の病気の話 年齢や職業の話 後遺症について